ツーリングレポート■北海道ひとり旅

by まさこ

 

 

7月17日

仕事は定時に終らせて、ダッシュで家に向かう。
最後の荷作りをして、とりあえず出発。
まず、阪神高速に乗り、中国道経由で舞鶴道に入る。
途中、中国道に入ったあたりから空がピカピカ光りだす。
これは雨が降りそうだとあわてて
西宮名塩SAでカッパを着て、雨対策をする。
しばらく走ると、激しい雨が降り出す。
「これは前途多難ってこと??」と思いつつ
普段やったら絶対こんな雨の中をバイクで
走ることはないから貴重な経験さ!と
前向き?に考えて雨の中を走る。
しばらくしたら、雨も止んで、なんとかフェリー乗り場に着いた。
フェリー乗り場では西宮名塩SAで会ったライダーの人と再会。
仲間?ができてちょっと安心。

フェリーでの長旅を終え、やっと小樽に到着。
今年の7月から新しい船が就航して
今までよりも10時間短縮されたとはいえ
20時間は長かった。
宿まで、てきとーに行ってもなんとかなると思ってたら
しっかり道に迷ってしまい、バスの運ちゃんに先導してもらうことに。。
とにかく、無事宿まで着いてよかったよかった。

 

 
 

 

7月18日晴れ、210q
小樽→岩見沢→旭川→美瑛(泊)

いよいよ今日から本格的な北海道ツーリング!
しかし、のんびりしたいって気持ちがあって
出発は9:30とちょっと遅めになってしまう。

まずはばんえい競馬を見るために
岩見沢へ向かう。
札幌周辺は道が混みやすいため
宿の人に教えてもらった道を行く。
取締りを気にしつつ、控えめに走ってたせいか
岩見沢に着いたのが11:30を過ぎてた。
最初の予定では昼過ぎには岩見沢を出て
帯広に向かう予定だったのに
とてもじゃないけど、無理。(/_;)

   

 

北海道でのツーリングは計画通りに進むことは
まずないという話を聞いていたが
自分は2日目の帯広までは
予定を変えることはないと自信があったけど
あっさり変更することになってしまった。

今日の宿は帯広をあきらめ
岩見沢に向かう道の途中の
道路標識で『旭川 100q』とあったので
今日の宿は旭川にしよう!
しかし、旭川にはあんまり宿がないので
美瑛に泊まる事に。

ばんえい競馬は予想以上におもしろかった。
といっても、馬券は1レースしか買わなかった。
お馬さんががんばって山を越えていくのを
見るのがおもしろかったし
ミニツアーなるものに参加できてラッキーだった。
地方の競馬ってやっぱりのどかな雰囲気だわ。

 

7月19日晴れ、244q
美瑛→旭川→層雲峡→網走(泊)

美瑛の宿で一緒だった人に
朝の人の少ない時にまわることをすすめられたので
早起きしてまわってみる。
確かに美瑛は北海道らしい風景が広がっている。
けど、私には作られたものに感じられるので
あんまり好きにはなれない。

今日は帯広に行くか、網走に行くかを
迷った末、網走に行くことにする。

今日もけっこう暑かった上
ひとりで走るのに飽きてきて
ちょっと寂しくなる。
ソロツーリングには慣れてたはずなのに。

でも、すれ違うライダーの人たちと
あいさつ(と言っても軽く手を上げるだけ)をして
それに応えてもらえるとうれしくなってくる。
大阪にいるときはなかなかできなかったけど
これからはちょっとやってみようかなと思った。

網走に早めに着いたので
能取岬まで行ってみる。
晴れてたら知床半島が見えるらしいのだが
あいにくそこまでは見えず。
でも、なかなかいい眺めだ!(^^)!
網走市営の牧場があってびっくり。

 

   

7月20日くもり、119q
網走→藻琴→屈斜路湖(泊)

今日は前日に同じ宿の人が
藻琴まで乗馬に行くというのでそれに便乗。
そのあと、網走に戻って監獄博物館を見学。 今日は前日に長距離走って疲れたので
のんびりコースで屈斜路湖に泊まる事にする。

時間的に余裕があったので
ふたつほど林道に入る。
ひとつめの林道は問題なかったが
ふたつめの林道では自分ではどうしようもない
状況に陥ってしまう。
結果的になんとかなったけど
今回のツーリングで一番の失敗でした。。

 
   
7月21日くもりのち雨、213q
屈斜路湖→奥摩周→神の子池→斜里→屈斜路湖(泊)

前日の失敗で心身ともにちょっとお疲れモード。
なので、今日は連泊することに。

宿の人に「トマト玉子ラーメン」の店が
斜里にあるというので今日のお昼ご飯にすべく
宿を出発!

まずは奥摩周に向かう。
ところが、また道を間違えてしまう。
すぐに気づいて引き返すも、今度は小雨が降ってきた。

小雨は一度は止んだものの
奥摩周に着くころにはまた降り出す。
雨のおかげで当然摩周湖どころか
視界も悪くて何も見えない。(`ヘ´)

摩周湖は天気に左右されるけど
神の子池は大丈夫!と気を取り直して
先を急ぐ。

神の子池はちょっとダートを走らねばならないが
予想外にすんなりクリア!
池はきれいだったけど特に感動もなく
次の目的地に向かう。

次は宿の人に教えてもらったサクラマスが遡上する滝を見に行く。
ここもちょっとダートを走らねばならない。
気をつけていたのに、駐車場の手前で立ちゴケをしてしまう。
ここでバイクを起こせないとこれからキツイと感じ
がんばってみるも、やっぱり無理。

仕方なく、バイクをそのままにして
サクラマスの滝を見に行くことに。
すると、駐車場に一台の車が!!
これで何とかなると思いきや、人影がない。。
「ややこしいところに車を停めるなよ!」とちょっと逆切れ。

仕方ないので、サクラマスの滝を見に行くことにする。
しばらくするとサクラマスがぴょんぴょん飛んでる!!
サクラマスたちもがんばってるし
自分もがんばらねばと、バイクの元に向かう。
すると、また一台の車が!!
今度はちゃんと人が降りてきた!

その人たちに手伝ってもらって(自分は何もしてない。。)
バイクを起こしてもらう。
自分はかなりがんばって無理やったのに
ひょいって感じで起こしてもらう。
やっぱりちょっとは鍛えるべきかも・・・?

 

 

 

 

再び、気を取り直して雨の中を斜里に向かう。
ところがラーメンのお店の前は通ったのに
店の名前を間違って覚えていて。

仕方なく、セイコーマート(北海道でメジャーなコンビニ)にて
パンを買う。
北海道に来てから変わった食べ物に手を出す習慣がついてしまい
この日もスネークパンというものに手を出す。
これはパンの間に甘いクリーム(生クリームに近い)がはさんであり
その上になんと羊羹がかかってる!
これはかなり甘そうだと思いつつ
北海道限定かも?と買ってしまう。
ほんまに甘かった。

今日は結局、ほとんど雨が降っていて
靴も手袋もカバーがなくて
ぐちょぐちょになってしまう。
けっこう辛い日だった。
ひとりでは絶対ダートに入るまいと固く決心したのでした。

 

 

 

 

 

7月22日晴れ、270q
屈斜路湖→摩周湖→双湖台→阿寒湖→オンネトー→帯広(泊)

今日はなぜか早く目覚める。
宿の近くには「コタンの湯」という無料の露天風呂がある。
この宿にしたのは、宿の風呂が温泉&宿に手作りの露天風呂がある
そして近くに露天風呂があることが決めてだった。
(やっぱりゆっくりするには温泉!)

せっかく珍しく早く起きた(目覚ましなしで!!)のだから
無料露天風呂に行ってみる。
朝、6時だったが先客がひとり。
北海道には無料の露天風呂が多いらしい。
ほとんど混浴で脱衣所もないところが多いらしい。
水着を持って行ってなかったので
この露天風呂しか入れなかったが
朝風呂は気持ちいいわ〜!

前日は全然見れなかった摩周湖に向かう。
宿の人がわざわざ、摩周湖の売店に電話をしてくれたのだ!
普段のツーリングでも雨は降らないけど
曇ることの多い私なので、ちょっと心配しつつも行ってみる。
一応、湖面は見れた。
が、透明度日本一ってどこが??って感じで
かなり肩透かしを食らう。(期待しすぎたのかな??)

今日は帯広に向かうってことで
ちょっとテンション高め。
そしてライダースハウスに泊まるべく
そのへんにいるライダーの人達から
情報収集をする。(やっと北海道ツーリングらしくなってきたかも!)

阿寒湖へ向かう途中、双湖台というところで休憩する。
ここでも、ライダーの人達といろいろ話す。
ここを出発するときに、3人組のライダーに会う。
話をしてみると、帯広に向かうという!!
やっと目的地が一緒の人達に出会う!
お願いして一緒に走ってもらうことに。
久々に人と走るのってなんか楽しい。

阿寒湖にて、昼食。
彼らが前日、釧路で買ってきたイクラを分けてもらう。
特別おいしいってわけでもなかったけど
すごくうれしかった。

阿寒湖をあとにして
オンネトーに向かう。
オンネトーはあんまり期待してなかったけど
すごくきれいなところで気に入った。

あとは帯広を目指すのみ!
豚丼&六花亭に行くのだ〜!!

帯広では初ライダースハウス!
帯広の中心部から少し離れているけどすごく快適。
ただ、このおかげで豚丼を食べ損ねてしまう。。
でも、いろんな人に会えたし、このツーリングで
一番楽しい宿だった!

   
7月23日晴れ、244q
帯広→日勝峠→支笏湖(泊)

豚丼は食べれなかったけど
六花亭だけは譲れない!
と朝から本店に行く。
念願の『さくさくパイ』を食べる。
続いて、西帯広店にて
『さくさくミルフィーユ』とケーキを食べる。
ケーキの安さにびっくり!
豚丼は次回に持ち越しということで
帯広をあとにする。

今日もちょっとのんびりモード。
日勝峠を通って支笏湖に向かう。

しかし、日勝峠がトラックが多い上
工事中でかなりストレスがたまる。。

ようやく支笏湖にたどり着くも
宿がわからん。。
ガソリンスタンドのおじさんに道を教えてもらい
なんとかたどり着く。

今日の夜は、ジンギスカン!
そして、驚いたことに前日のライダー3人組みと
またしても同じ宿だった。

   
  7月24日くもり時々晴れ、297q
支笏湖→洞爺湖→ニセコ→積丹半島→余市→小樽

今日で北海道も最終日!
ちょっと気合を入れて走るべし!
と、8:30に宿を出る。

道の駅のスタンプラリーをしてて
スタンプマニアの私としては
通るところを全部押したかったが
9:00からしか押せないとこもあり
しかたなくあきらめる。

洞爺湖やニセコや積丹半島を走りつつも
晴れてたらもっときれいだろうが
ちょっと曇っていて、すっきりしない天気。

またもや、ちょっと飽きてきたところに
「メジロ牧場」なる看板が!!
もしかして、あの有名な「メジロ牧場」!?
時間的に余裕もあるし(ダートじゃないし!)
ちょっと行ってみる。
やっぱりあのメジロ牧場みたいな感じがする。
でも、牧場内立ち入り禁止ってなってる。
仕方なく、バイクでゆっくり往復してみる。
騎手らしき人が馬に乗っていて
軽く会釈をしてくれた!
また気を取り直して走るのでした。

今回のツーリングでは
いっぱいおいしいものを食べる予定が
あんまり食べてないのに、最終日となってしまったので
今日の昼ごはんくらいは、いいものを!
と思い、積丹半島の神威岬の食堂で
4色丼(イクラ、うに、甘エビ、イカ)+あわびを食べる。
イクラ、うに、イカはたいしておいしいとも思わなかったが
甘エビはおいしかった!

今日は気合を入れて走ってたせいか
小樽を目前にして
余市で1時間も休憩してしまう。
このおかげで小樽でお土産を買う時間がなくなってしまう。


初めての北海道ツーリングで
ひとりがさみしくなったり
雨が降ってしんどかったり
バイクをこかしたりでへこむこともいっぱいあったけど
うまくいかんかったからこそ
また来年も行きたいって思う。
そして最北端を目指したい!
できればキャンプもしたい!
と夢が広がっていくのでした。

 

@ノッカリコメント
まさこの北海道ソロツーリングレポート。ありがとう。かなり奮闘したみたいやね(^。^)
筋トレしてひとりでバイクを起せるようにするのが次回への目標かな?
同行できるバイクメンバーがどんどん増えると、楽しさも倍増するかもね。